ソフトコンテンツ拡大

獨自のソフトコンテンツであるエンタテインメントコンテンツの進化と新たなコンテンツ創造に取り組んでいます。また、パルコグループのインキュベーションとして新しいクリエイターや企業と協業することで新しい消費體験を提供しています。


パルコの情報発信拠點を活用した展開

ロバート秋山竜次プロデュース『クリエイターズ?ファイル祭』

ロバート秋山竜次プロデュース『クリエイターズ?ファイル祭』

池袋PARCO 本館7階 PARCO MUSEUM
2018年3月「東京クリエイターズ?ファイル祭完全版-全國巡業ゴール!感謝感謝のおかわり大作戦!-」

2017年4月29日(土)~5月22日(月)、池袋PARCO「PARCO MUSEUM」で開催された展覧會ロバート秋山竜次プロデュース『東京クリエイターズ?ファイル祭-池袋クリエイティブ大作戦-』は、會場でしか見られない展示內容に加えて、ご本人がさまざまなクリエイターに扮し登場するイベントを多數開催し、話題性も多く獲得したことから、24日間の開催で約5萬人の動員を記録しました。その後、名古屋?福岡?仙臺?札幌?広島で展開し、スピンオフ企畫とあわせて全國累計約22萬人を動員しました。

全國巡回での大ヒットを受け、2018年3月2日(金)~4月2日(月)の期間、「PARCO MUSEUM」にて『東京クリエイターズ?ファイル祭』を完全版として、展示內容や商品をアップデートして開催。3萬人以上が來場し、全國累計25萬人の動員を突破しました。同時期の2月22日(木)から池袋PARCO春のキャンペーンで、再びコラボレーションを実現し、ポスタービジュアルに採用しました。

さらに「THE GUEST cafe & diner」では、コラボレーションカフェ「クリエイターズ?ファイル珈琲店」を池袋PARCOを皮切りに全國各拠點で開催し、ロバート秋山竜次監修のもと、人気クリエイター11人のコラボレーションメニューを楽しんでいただきました。

今後も、さまざまなコンテンツをプロデュースし、パルコの情報発信拠點を活用して新しい消費體験をお客さまに提供していきます。

2017年4月『東京クリエイターズ?ファイル祭』オープニングセレモニーの様子

2017年4月『東京クリエイターズ?ファイル祭』オープニングセレモニーの様子

2017年12月広島PARCO來店イベントの様子

2017年12月広島PARCO來店イベントの様子

パルコの文化的情報発信拠點

「PARCO MUSEUM(パルコミュージアム)」

渋谷PARCO一時休業に伴い、2016年9月より池袋PARCO 本館7階に移転リニューアルオープンし、アート、デザイン、カルチャーなど既存の枠にとらわれない多種多様な企畫を生み出しています。

2017年には、大ヒットとなった展覧會『東京クリエイターズ?ファイル祭』や11月に開催したファッションブランドANREALAGEの展覧會は、2018年1月からロサンゼルスへ巡回するなど、國內外への文化発信をおこなっています。

パルコが運営するミニシアター

「シネクイント」

シネクイント

シネクイント

所在地:
東京都渋谷區宇田川町20-11渋谷三葉ビル7階

席數:
162席/115席+車椅子スペース各1

渋谷PARCOの建替えのため一時休業していたパルコが運営するミニシアター「シネクイント」が2018年7月6日(金)に復活オープン。「世界中の喜怒哀楽(エンタテインメント)をお屆けします。」をコンセプトにジャンルを問わず、國內外の個性的で良質な作品を上演してきましたが、これまでの1スクリーンから2スクリーンとなり、渋谷で唯一のペアシートを導入するなど、「渋谷で一番、人と楽しさを共有できる映畫館」として、「リアルな感動?発見のあるライブエンタテインメントの提供」に取り組んでいきます。數多くのお客さまのご支持をいただいた自社買付?配給作品の成功を踏まえ、パルコが得意とする良質なアート系インディペンデント作品はもとより、國內外の多角的なエンタテインメントを、渋谷の街にお屆けしていきます。

また、今後の新生渋谷PARCOとの連動企畫やイベント運営の
複合的な展開での活用など、新生渋谷PARCOとともに
渋谷の街全體を盛り上げる施設として取り組んでいきます。

次世代を擔う女性クリエイターのプレゼンテーションの場

「シブカル祭。」

香港で開催した「シブカル祭。」

香港で開催した「シブカル祭。」

“若手女子クリエイターの、表現作品の発表の場を提供する”ことを目的に、渋谷PARCOを拠點に2011年より開催しているカルチャーイベント「シブカル祭。」。2017年は渋谷PARCO一時休業のなかでも、渋谷の情報発信と賑わい創出に貢獻するため、渋谷スペイン坂の「GALLERY X BY PARCO」をメイン會場として、女子クリエイターたちの作品を展示。また「渋谷CLUB QUATTRO」、「渋谷WWW(ライブハウス)」でのライブイベントや、建替え中の渋谷PARCO工事現場を舞臺に、個性豊かな次世代若手デザイナーのファッションショーも開催しました。

2013年のシンガポール、2015年のバンコクに続いて、2018年5月には海外開催第3弾となる香港で開催。海外マーケットに対しパルコの存在感をさらにアピールし、日本國內のみならず世界に向けたカルチャー?ファッションの情報発信拠點として進化を目指す2019年秋開業の新生渋谷PARCOにつなげていきます。

カルチャー発信拠點アートスペース

「GALLERY X BY PARCO(ギャラリー エックス バイ パルコ)」

2017年10月「シブカル祭。」メイン會場になった「GALLERY X BY PARCO」

2017年10月「シブカル祭。」メイン會場になった「GALLERY X BY PARCO」

2016年12月にオープンした「GALLERY X BY PARCO」は、 アート、カルチャー、音楽、ファッション、アニメなど幅広いジャンルのカルチャーを渋谷の街に発信しています。

コラボレーションカフェ

「THE GUEST cafe & diner」

『ミニオン大脫走CAFE』の
コラボレーションメニュー一例
スマートフォン畫面イメージ
ミニオンカフェのぷるっとプリン

※貯めたコイン數に応じてご優待券をプレゼント
ミニオンのプリズンブレイクドリア

人気キャラクターや映畫、アニメなど、さまざまなコンテンツとコラボレーションしたカフェメニューとともに、作品の世界観を體験できるコラボレーションカフェを全國5拠點※にて展開しています。2017年は、全國で好評を博した『ミニオン大脫走CAFE』をシンガポールにて『MINIONS CAFE』にアレンジして期間限定オープンするなど、海外の展開も進めています。

※池袋PARCO、名古屋PARCO、福岡PARCO、札幌PARCO、心斎橋161

パルコのクラウドファンディング?サービス

「BOOSTER(ブースター)」

2014年よりクリエイティブ?コンテンツ領域全般におけるプロジェクトの実現をサポートし、生活者個人の皆さまと一緒にイノベーティブな挑戦を世の中に送り出す仕組みとして、クラウドファンディング?サービス「BOOSTER」をスタートしています。プロジェクトの成立支援のみならず、全國に拠點を持つPARCOの強みを活かし、プロジェクトの認知拡大、成立後の事業成長をサポートしています。

 2018年6月、國內No.1のクラウドファンディング?プラットフォーム「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」を運営する株式會社と業務提攜および出資契約の締結を発表しました。提攜により「BOOSTER」を両社で共同運営し、さらなる成長を目指します。

株式會社CAMPFIRE 家入代表取締役社長

左から 株式會社CAMPFIRE 家入代表取締役社長、 當社 泉水常務執行役

パルコのクラウドファンディング?サービス

パルコを支えるパートナーからのメッセージ

お笑い蕓人 秋山 竜二(あきやま りゅうじ)様 (ロバート)

お笑い蕓人
秋山 竜二(あきやま りゅうじ)様 (ロバート)

新生渋谷PARCOに期待すること
僕はパルコさんにはクリエイターズ?ファイルの展覧會で、本當にお世話になりました。池袋PARCO?PARCO MUSEUMから始まり、名古屋PARCO、福岡PARCO、熊本PARCO、仙臺PARCO、札幌PARCO、広島PARCO、松本PARCO、靜岡PARCO、赤PARCO、青PARCO、黃PARCO、すみません、何か早口言葉みたいになっちゃいましたが、とにかく各地のPARCOさんとタッグを組ませていただき感じたことは、どの店舗もイベントを面白くするために全力で企畫を盛り上げていただけることです。本當に感謝です。

この度2019年に新生渋谷PARCOさんが完成するとのことですが、渋谷PARCOさんといえば上京して蕓人になる前に、1人で松田優作展を見に行ったことを思い出します。そして、何の知識もないのに服を見たり雑貨を見たりして、東京?渋谷にいる自分に酔いしれていたことを思い出します(笑)。その頃から変わらず僕の中で渋谷PARCOはやはり、渋谷そのものです。渋谷と言えば、スクランブル交差點でもなくセンター街でもなく、ハチ公でもなくフルーツ西村でもなくガーディアンエンジェルスでもなく、オザケンでもなく、宇治田みのるさんでもなく、三千里薬局でもなく、間違いなく渋谷PARCOなのです。

完成を本當に楽しみにしています。そしていつか新生渋谷PARCOさんでも、面白いイベントをやらせてもらえたら嬉しいなと思っております。

パルコを支えるパートナーからのメッセージ

落語家 立川 志の輔(たてかわ しのすけ)様

落語家
立川 志の輔(たてかわ しのすけ)様

新生渋谷PARCOに期待すること
PARCO劇場は私にとって夢の舞臺でした。それが縁あって20年間。落語の公演(うち11年は1ヵ月公演)をやらせていただいたのですが、『歓喜の歌』など數々の新作落語が生まれたのもパルコなら、美術、音響、照明、ロビーにいたるまで演劇的演出が施された獨特の公演スタイルが育まれたのも劇場スタッフの力があればこそ。そう。パルコはいわば志の輔らくごの実家。新築の“実家”で再び落語をする日が待ち遠しくてなりません!

Updated Oct. 10, 2018

ページトップへ

排列五计划